お葬式に流れ

未分類

ここでは、お亡くなりになってからお葬式終わるまでの、一般的な流れについて説明していきます。地域性などございますが、概ね合っていると思います。

臨 終(病院にて)

病院・自宅など様々な場所で、亡くなります。

亡くなった場所や状況で手続きは様々ですが、まずは、病院で亡くなった事を前提で進めていきます。

病院で人が亡くなると、お医者さんが必ず『死亡診断書』を発行してくれます。

その『死亡診断書』は後に火葬場の予約のために市役所等に提出されます(提出は大概、葬儀社が代行してくれます

病院から出発する前に看護師さんが、故人の体を拭いてくれます。

その際『着せてあげたい服』などを用意しとくと良いです。

葬儀社等に連絡・故人の搬送

『死亡診断書』が発行されたら、葬儀社等の搬送業者を手配してください。

その際、故人をどこに連れて行くか?(安置場所)

そこに連れて行く前に立ち寄りたい場所があるか?                   (故人を連れて立ち寄りたい場所)

最近は、家族葬など周り近所に連絡をしないお宅が増えているので、安置場所は葬儀式場

葬儀式場に行く前に自宅に立ち寄るパターンが増えています。

死亡診断書・死体検案書の記入

遺体の安置が終わりましたら、葬儀社のスタッフから死亡診断書死体検案書の届出欄の記入を求められます。

死亡診断書死体検案書は機能は同じですが、全く違う書類です。

死亡診断書・・・主治医の先生が病院や自宅で死亡確認をしたときの書類。

死体検案書・・・警察が入って死因を調べた時に観察医から発行する書類。

簡単に言うと上記の様になります。どちらの書類でも、基本的な機能は変わりませんので安心してください。

※診断書の記入をお願いすると、ほとんどの方が、自分と故人の本籍地を知りませんので、事前に確認をしておいた方が良いです。(最近は免許証にも掲載は有りませんので、注意してください。

死亡診断書死体検案書を役所に提出する前に、コピーをとる事をオススメします。(多分、葬儀社でコピーしてくれます)

死亡診断書死体検案書の原本は、火葬場の予約を取るため市役所に提出しなくてはいけません。故人の手続きを進めて行く中で原本を求められた時は、発行してくれた病院に再発行の手続きを行ってください。その際、手数料がかかりますのでコピーではダメなのか確認をしてから用意した方が良いです。因みに、住宅ローンの団体信用生命保険の手続きの際には、必ず原本になりますが、確認だけしたら返してくれる銀行もある様です。

葬儀の日程を決める

葬儀の日程を決めて行くのですが、家族の都合だけで決める事が出来ません。下記の状況を考慮して進めていきます。

1. 菩提寺があるか・・・菩提寺とは、簡単に言うと自分が面倒を見ているお墓があるお寺(一概にそうとも言えないが、ココでは敢えてそうします)

2. 火葬場の空き状況・・・火葬場の予約は先着順です。友引は基本的にお休みの火葬場が多いですし、亡くなる方が多い時期(冬場など)は希望の時間が取れない事なども有ります。東京など人口の多い都市は、火葬場の都合に、家族や菩提寺が合わせる時もある様です。

3. 親戚の都合・・・遠方に住んでる親戚など急に来れない親戚の為に日程を調整される家族もいらしゃいます。

4. 葬儀式場の都合・・・この場合は葬儀社を変更しても良いかも知れません。

逆を返すと上記の条件が無くなる程、家族の都合で葬儀ができます。

親戚などに連絡をする

日程が確定したら親戚や関係者に連絡をするのですが、最近は家族葬を希望する人が増えています。

家族葬については、別の機会に説明いたしますが、要するに呼ぶ人を限定したい訳です。

ですから、もし、会葬者を限定したいなら下記に注意してください。

1.  家族・親戚以外に連絡しない。

2. 職場への連絡は、出来れば不幸が出来たと言う事だけ伝えて葬儀をする場所や日時の連絡は控える(最近は家族葬が浸透しているので、『家族葬で行います』と表記すれば大丈夫な場合も有ります。

3. 故人の友人・自分の友人はどんなに親友でも連絡しないでください。多分 これが一番難しいと思いますが、例えば、故人の大親友に『あなたにだけ伝えます』『他の人には言わないでね』と言っても、言われた友達にしてみれば自分の立場から他の仲間にも連絡しないと自分が責められてしまいます。だから、そんな責任は、家族が追った方が良いと思います。

菩提寺に連絡する

上記の『葬儀の日程を決める』の項目で、菩提寺がある場合

1. 菩提寺に連絡をして葬儀が可能な日程を確認する。

2. 葬儀社と連携して、火葬場・葬儀式場の空き状況から日程を調整する。

3. 日程が確定したら菩提寺に連絡する。

※菩提寺に日程の連絡をすると、お寺に呼ばれて戒名や、お布施などの話をしにいきます。こちらについては、別途説明をいたします。

遺影用の写真を用意する

これは皆さんが、とても苦労されています。最近は、色々な葬儀社で遺影撮影会などのイベントが開催されてますので、そちらで準備されるのも良いと思います。

まぁ、撮影されるご本人の気持ちがありますので、何とも言えませんが、大切な家族が写真を探すのに苦労しないですんだり、自分が元気な姿をきれいに残せたりとメリットがありますので、是非その様なイベントは利用してください。

副葬品『棺に入れてあげたい物』を用意する

『入れたらダメな物はなんですか?』と質問を受けます。要するに『燃えない物』がダメなのですが、最近は多種多様な物を希望される方が増えました。基本的に火葬場の規定によるのですが、出来るだけ集めて葬儀社のスタッフに相談した方が良いと思います。(葬儀社のスタッフのさじ加減も多少あるかも知れません)

※因みに、私が葬儀社の担当ならベルトのバックル位は、火葬場に内緒で入れてしまします。

納 棺

故人を棺に納める儀式です。納棺を行うタイミングや行い方は、地域や遺体の状況などによって変わってきます。私の住んでる地域(関東地方)病院や自宅で亡くなって死亡診断書(死体検案書では無い)また、新型コロナなどの感染症ではない場合は、お通夜の当日、式が始まる前に納棺の儀式を行います。

この時に副葬品を入れていただけますので準備してください。

もし、副葬品が間に合わない場合は、出棺の前、お別れの時にもう一度副葬品を入れるタイミングがありますので、それまでに用意をしてください。

通 夜

お坊さんなどの宗教者が式場に来て儀式を行います。開式時間は地域や時期などによってまちまちですが、大体18:00からで一時間位で儀式が終わります。

私の住んでる地域(関東地方)ではお通夜の時に一般会葬者に立食でお食事を用意します。ココが家族葬と一般葬の分かれ目の一つになります。

家族葬・・・家族の食事の心配だけすれば良い。(家族だけだから食べなくても良いし、レストランなどで済ませても良いかも知れません。)

一般葬・・・会葬に対しての食事の用意(返品不可)香典返し(返品可)などを用意しなくてはいけない。

葬 儀

お通夜の次の日に行う儀式です。通夜同様に宗教者が式場に来て儀式を行います。

地域性がありますが、私の住んでる地域では、お葬式をしてから火葬場に行きます。

葬儀の前に火葬を行い、お骨で葬儀を行う地域もあります。(私の住んでいる地域でも存在します。)

最近は通夜を行わないで、一日で納棺・葬儀・火葬を終わらせる方もいます。(これを行うには条件がありますので説明は別途いたします)

また、最近はお葬式のお経の後、初七日のお経まで行うお寺が増えています。(昔はお骨になってからお寺の本堂や、葬儀社の式場で行っていました。

お別れ

ここで最後のお別れになります。棺の中にお花や副葬品を入れます。

出 棺

これから火葬場に向けて出発です。会葬者が有ったら出棺の前のご挨拶があります。

出棺の挨拶は本来、故人の兄弟や本家の後継などが行っておりましたが、最近は葬儀の際に一般の会葬者が参加していない事があります。事前に依頼をしていて急にキャンセルするのも難しいと思うので、本来挨拶すべき人に確認をした上で、喪主か施主か故人の家族が行った方が良いと思います。

火 葬

火葬場によりますが大体1時間〜2時間かかります。待っている間のお茶菓子などを用意した方が良いと思います。また、最近は火葬場で待っている間に忌中払い(精進落とし)などの食事をして、火葬が終わったら解散すると言った流れもあります。(新型コロナウイルスの感染拡大の予防で火葬場での食事などを、制限している自治体もある様なので、事前に確認が必要です。)

収 骨

2人1組になって、お箸で一つのお骨を骨壺の中に入れていきます。(箸渡し)眼鏡や時計などは骨壺の中に入れる事もできます。

忌中払い(精進落とし)

火葬までの全てが終わって、一番最後に集まってくれた親戚や友人などにお礼の気持を込めて食事の席を用意します。親戚が集まっている様なら、施主として『お礼の挨拶』を行ってください。(施主が女性だったり、高齢だったりで挨拶が難しい様なら家族の中で代表を決めてください。)施主の挨拶が終わったら、故人に向けての『献杯』です。献杯の発声は故人の連れ合いの兄弟や本家が行えば良いと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

本来はもう少し細かい儀式などが有ったり、逆にもう少しカット出来るところが有ったりすると思います。

昔は、親戚のうるさいおじさんや、組内の人などが、仕切っていました。葬儀社も家族ではなくて、そちらの指示を聞いてた物です。

最近は、家族の希望で進める事ができる様になりましたが、そのせいで葬儀が多様化してきています。

故人や家族の希望を叶える事もとても大切な事ですが、皆様の周りには、色々な方がいます。その方達とのお付き合いを大事にしていきながら、尚且つ故人や家族の希望を叶える事が、故人を送り出す事でとても大事ではないかと私は考えます。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました