直葬とはどんなもの?

未分類

最近の葬儀のスタイルは多様化しています。

新型コロナの影響で、『家族葬』・『一日葬』・『直葬』などを選択する家族が増えました。

直葬とは?

『直葬』とは、宗教的な儀式を行わない葬儀のことです。

流れは至ってシンプルで、通夜・葬儀を行わないで火葬するタイプです。

料金は比較的抑える事ができる様です

直葬の場合はすぐ火葬するの?

直葬の流れは前途したように、通夜・葬儀をしないで火葬するタイプです。

人が亡くなって24時間は火葬・埋葬が出来ない法律です。(感染症など一部の死因によっては24時間を待たずに火葬できる)

葬儀社に連絡→火葬場の予約→火葬当日という流れは基本的に変わりません。

直葬の場合はお坊さんは呼べないの?

呼べる場所に制限が有りますが、呼ぶ事は出来ます。

直葬だと『式場』『祭壇』を飾らないプランがほとんどです。

もし宗教者をお願いするなら火葬場などに来てもらう様にしましょう。(荼毘経)ダビキョウと言います。

お布施は35,000円〜60,000円位です

菩提寺がある場合は、必ず菩提寺に『直葬』で行うことを報告して、了解をもらってください。

まとめ

最近は、葬儀のスタイルも多様化してきて、家族だけでシンプルに葬儀をする方が増えてます。

決して悪い事ではないのですが、菩提寺や親戚などには必ず連絡をしてできる限り多くの人の理解を求めるようにして下さい。

『故人様』は家族にとっては当然大切な存在ですが、他にも関わりのある方が大勢いる事を忘れないでください。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました