お通夜・告別式・火葬の日程はどうやって決

未分類

通夜・葬儀の日程を決める時、特に葬儀の日程は友引を避けます。友引とは六曜の一つで日ごとの運勢を示したものです。

本当は引き分けと言う意味ですが、友を引くと書く事で『故人が友を引いていく』『不幸が連鎖する』と言った印象が持たれるため、葬儀を行わないと言う習わしがあります。

友引とは?

友引とは六曜の一つです。

六曜とは中国で生まれた日ごとの運勢を記載した占いに関する考え方です。

六曜は基本的に仏事には関係ありませんが、特に冠婚葬祭ではこれらを気にする方が多くいます。

先勝(せんしょう・さきがち・さきかち)

先手を打つことが良いとされる日です。

先を午前中と置き換え、午前中を吉とする場合があります。

友引(ともびき)

勝負事では共に引き分ける日とされています。

『友を引く』と言う漢字を当てられたためお葬式では、避けられることがあります。

友引の日は休業する火葬場が多いです。

そもそも六曜自体は、仏教に関係ありません。

先負(せんぷ・さきまけ)

早まると負けてしまう日とされ、何事も慎重に行う世良いとされてます。

午前中が凶で午後が吉とされてます。

仏滅(ぶつめつ)

世の中のすべての事がうまくいかない日とされてます。

六曜の中では一番凶日です。

『仏』を当てられていますが、仏教とは関係ないらしいです。

大安(たいあん)

六曜の中では最も吉日とされています。

おめでたい出来事によく選ばれますが、大安だからと言ってお葬式をしてはいけないと言うことはありません

赤口(しゃっこう・せきぐち)

仏滅の次に凶日とされます。赤という文字から、血・火に気を付けるとされます。

仏事は例外とされ、葬儀は行えます。

友引に葬儀をしない理由

友引は本来凶日ではないのですが、『友を引く』という文字から、故人が親しい人を連れて行ってしまうと言われているからです

友引の葬儀を必ずしも気にする必要はない

最近は六曜の意味をそこまで気にすることは少ないです。

元々『友引』の意味は『友を引く』ではないからです。

そのためマナーと言うより、迷信の一種として捉える方が多いです。

『仏滅に結婚式をしない』『友引にお葬式を行わない』というのは、日本人に根付いた習慣ですが由来はわかりません。

友引にお葬式を行う時の注意点

参列者が嫌がる可能性がある

葬儀の日取りは、宗教者の都合や火葬場の混雑具合・親族の都合・葬儀式場などの状況によって決められます。

たとえ、友引にお葬式を行うことになっても、基本的には問題ありません。

どうしても気になる時は、菩提寺などに相談しましょう。

親戚や故人の友人なども『友引を避けてほしい』と希望する場合は考慮する必要があるかもしれません

火葬場が定休日の可能性

友引の葬儀を避ける方が多い為、火葬場が定休日の地域もあります。

その為、友引の前後は、火葬場が混み合う可能性があります。

火葬場の予約は先着順のため日程が決まり次第早めに予約しましょう。

特に首都圏では、火葬場が混み合います。

火葬場の都合に家族やお寺が合わせる場合もある様です。

友引にお通夜を行ってもいいの?

お通夜に友引が当たっても問題ありません。

友引に四十九日を行ってもいい?

四十九日法要を友引に行っても問題ありません。

四十九日法要とは、亡くなった日から四十九日目に行う法要なので友引などは関係ありません。

その他の法要も友引は考えなくて平気です。

ただ、法要を行う日にちは、必ず命日の以前に行わないとダメです。※9月1日が命日なら9月2日以降はNGです!

まとめ

友引は『友を引く』という意味からお葬式は避けられています。

現在でもこれらの習慣を気にしている方は多くいます。

友引は火葬場が休日のところも多くありますので注意しましょう。

地域によっては友引も火葬場が運営しているところもある様です。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました