『ご愁傷さまの意味』

未分類

『愁』とは憂の気持ち

『傷』は痛みを表します

両方が合わさった『愁傷』は『相手を気の毒に思う』こと、『ご愁傷さまは』遺族に対して同情や慰めの気持ちを含んでいます。

お通夜や葬儀の時に頻繁に使われます。

『ご愁傷さまです』の使い方

弔問に訪れた際に、遺族に対して『この度はご愁傷さまでございます』と伝えます。

通夜や葬儀の場でなくても、相手の身内の不幸を知った時に『ご愁傷さま』と伝えて問題ないです。

『ご愁傷さま』は文面で使うのはNGです。

『お悔やみ申し上げます』の意味

『お悔やみ』とは、人の死を弔うことです。

『お悔やみ申し上げます』とは『故人の死を悲しみ、弔いの言葉を申し上げます』と言う意味で、こちらの言葉は、遺族と話すときでも、弔電の文章にも使えます。

『お悔やみ申し上げます』の使い方

遺族と話す時は、『この度は、心よりお悔やみ申し上げます』と言うのが一般的で、『この度はご愁傷さまです。心よりお悔やみ申し上げます』と組み合わせても良いです。

あんまり長い言葉だと、言い間違えなどがありますので出来るだけシンプルにした方が良いです。

要するに相手の気持ちになって、精一杯気を遣って声をかければ、相手には伝わります。

弔電の文面では、『ご逝去の報に接し、謹んんでお悔やみ申し上げます』や『突然の悲報に接し、心よりお悔やみ申し上げます』みたいに使われます。

お悔やみの言葉、類語との違い

お悔やみの言葉にはいろいろ種類があります。よく耳にする言葉とその意味や使用場面について説明します。

『哀悼の意を表します』

『哀悼』とは人の死を悲しみ悼むことです。

『哀悼の意を表します』は『故人を思うと悲しくて心が痛みます』と言う意味です。

これは、口語体ではありません、弔電など文面で伝えましょう

『ご冥福をお祈りします』

『冥福』とは死後の幸福のことです。

『ご冥福をお祈り致します』は『故人の死後の幸福を祈っています』と言う意味です。

こちらは、遺族ではなく故人に対して使う言葉です。弔電の中に使うのが適切です。

お悔やみで、使用NGの言葉

『忌み言葉』と言って、冠婚葬祭で使用を控える言葉が存在します。

『死亡』・・・『逝去』(せいきょ)や『永眠』(えいみん)に」言い換えましょう

『急死』・・・『急逝』(きゅうせい)や『突然の事』と言い換えましょう。

『ますます』・『たびたび』『くれぐれ』などの重ね言葉は不幸が繰り返されるイメージがあるから使用しないでください、『再び』『追って』もNGです。

まとめ

お悔やみの言葉を述べる時は、悲しみにくれる遺族の気持ちに寄り添って言葉を選んでください。

遺族の気持ちに寄り添っていれば、多少言い回しがおかしかったり、言葉がおかしくなっても気持ちは伝わります。

逆にどんなに綺麗な言葉を並べての気持ちがなければ、遺族には気持ちは伝わらないと思います。

お悔やみの言葉について、いろいろ申し上げましたが、要するに、故人の事・遺族の事を精一杯気遣ってお話をして頂ければ幸いだと思います。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました