お焼香の意味

未分類

正しいお焼香とは、

みなさん迷いますよね。

ここでは、お焼香の意味・正しいお焼香のやり方・順番・宗派による違い・数珠の使い方などまとめてみました。

焼香の意味

焼香とは、お香を焚いて拝む行為をさします。

お香の良い香りを捧げて自らを清め故人様に敬意と感謝を捧げる意味があります。

その香りが、極楽浄土を思い起こさせる作用があり、邪気を払ってくれるそうです。そのため、葬儀だけじゃなく、仏事行事では必要な作法になります

焼香のやり方

焼香の手順について紹介します。

①前の人が焼香を終えて座ったら、席を立ち焼香台の前へ移動します。

②焼香台の前で、遺族に一礼する。その後遺影に向かって一礼します。

③参加する葬儀の宗派ごとに定められてる回数の焼香を行い、合掌して一礼する。

④再び遺族に一礼して席に戻る。

焼香の作法は宗派によって違います。

❶基本は左手に数珠、右手の親指・人差し指・中指でお香を少量摘む

❷手を返して額まで上げた後香炉の炭の上に落とします。

❸回数などは、参加する葬儀の宗派によって違いますが3回で良いと個人的には思います。

焼香の順番

焼香は故人との関係が深い順に行います。

喪主・家族・親族・参列者の順が一般的です。

地域性もあると思いますが、余程の葬儀ではない限り席順が決まっているのは喪主・家族位だと思います。

喪主・家族が焼香を終えたら、順不同で前に座っている親族から焼香を行えば良いと思います。

葬儀式場・斎場などでは葬儀社のスタッフが順番を案内してくれると思います。

宗派ごとの焼香

宗派によって、焼香の回数や作法などが異なります。

ただ、一番大事なのは故人の冥福を祈って手を合わせることです。

心を込めたお焼香を心がけてください。

天台宗

焼香の回数は決まってません。1回から3回のお焼香をします。線香は3本建てます。

真言宗

焼香は3回が基です。余談ですが、大日如来・弘法大師・ご先祖様にそれぞれ焼香するためだったり、『三密(身、口、心)』に通じると言う説もあります。

線香は3本です。

浄土宗

焼香の回数に決まりはありません。

線香は1本を立てることが多い様です。

浄土真宗(本願寺派)

焼香は1回で、額に持っていきません。これは『お香を供える』と言う意味がある様です。

焼香前の合掌もしません。

線香は1本を香炉の大きさに合わせて2つまたは3つ折りにして、横にして供えます。

真宗大谷派

焼香は2回で、額には持って行きません。

線香の供え方は浄土真宗本願寺派と同じです

臨済宗

焼香は1回で額に持っていかない場合が多いです。3回の時もあります

また、1度目は額まで持っていって(主香)二度目はひとつまみして焼香(添え香)する場合もあります。

線香は1本立てます。

曹洞宗

1度目は額まで持っていき(主香)2度目は額に持っていかず焼香(添え香)します。

線香は1本を立てます。

日蓮宗

焼香は1回です。

線香は1本を立てます。

数珠の使い方

最近は数珠を持っていない方も多いですが、焼香の時は持ちましょう。

数珠は、フサを下にして左手に持ちます。左手は清浄な仏の世界・右手は私たちの住む世界と言われています。

短い数珠は、両手を合わせて親指・人差し指の間にかけてフサを下に垂らして合掌します。

長い数珠は、二重にして短い数珠同様合掌します。

まとめ

宗派によって作法が違いますが、一番は故人の冥福を祈る気持ちを表す事です。

回数や順番、宗派の形式を守ることも重要ですが、焼香の意味や基本的なマナーを知り、真心を込めて丁寧に焼香を行う様にしましょう。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました