香典のマナー

未分類

香典とは?

香典とは、亡くなった方へ手向ける『お線香』や『お花』の代わりに『お金』を包んだお供えです。

昔はお米や食料などを持ち寄りましたが、今ではお金を包むのが一般的です。 しかし、香典のマナーには住む地域や宗派によって違いがあるので遠方の葬儀に参列する時は、地域特有のマナーを調べる必要があります。

通夜の食事をしない関西においては、香典を辞退する家も増加していますし、香典を受け取るのが通夜の関東では相場が関西より高めです。

香典の金額の目安

一般会葬者・・・・・・5000円

両親・・・・・・・・・7万〜10万円

兄弟・・・・・・・・・5万円くらい

その他の親族・従兄弟・3000円〜1万円

ただし『死』や『苦』を連想させる4万円や9万円は避けてください。

香典袋の選び方

地域や宗旨宗派によって香典袋も違ってきます。まず不祝儀用の水引を結んだ物を選びます。絵柄の入っている物もありますが、こちらは宗教によってふさわしいものが異なります。

仏式・・・・・・・・『蓮の花』

キリスト・・・・・・ユリ・十字架

先方の葬儀スタイルが不明な場合は、あらかじめ確認しておくと安心です。

表書き

仏式・・・・・・・・『御霊前』『御香料』『御香典』とします。『御仏前』は一般的に四十九日法要後に 用いられます。ただし、浄土真宗の場合はお通夜や葬儀であっても『御仏前』と書きます。

キリスト教・・・・・『お花料』『御霊前』

神式・・・・・・・・『御霊前』『玉串料』

※まれに神葬祭の御香典で『初穂料』とする場合もありますが、どちらかと言うとおめでたい時に使用するので葬儀ではあまりふさわしくありません。

香典の表書きの書き方

宗教にかかわらず、香典袋の表書きは『薄墨』(涙色)の筆ペンか墨を使ってください。

香典袋は、袋の中央上部に『御霊前』『御仏前』『お花料』『玉串料』など既に書いてある物をお勧めします。

個人名で出す場合・・・・・・袋の中央下段に名前を書いてください。

個人名を連名で描く場合・・・順番が有れば右から順に目上の人の名前を記入して下さい。多分5人分位が良いと思います。

会社から出す場合・・・・・・会社名を書いて代表者名を描きます。そのとき代表者が中央で、会社名が右上になります。

会社の部署で出す場合・・・・袋の中央下段に部署名『○○部一同』などを書いて、その右上に会社名を書いてください。

団体で出す場合・・・・・・・袋の中央下段に団体名『○○会一同』などを書いてください。

内袋には、住所・氏名・金額・を記入して下さい。

金額はアラビア数字『10,000円』か漢数字『壱萬円』などで記入します。漢数字で書く時は改ざんを防ぐため画数の多い漢字で書きます。

香典袋へのお金の入れ方

香典には基本的に新札は使いません。

理由は『前もって用意してあった』と言う印象を与えてしまうためです。とは言ってもシワや汚れがない物を選んだ方が良いです。私は、新札を一回折ってから入れます。

お札の向きは揃えて、人物が書いていない方を表に向けて内袋に入れます。

表の袋が長くて裏で重なる場合は注意してください、袋の口が下に向く様に合わせて水引を入れてください(不幸が入り込まない様にするため)

香典を郵送する場合

葬儀に参列できない場合に、香典を郵送することが出来ます。

現金書留を使って、告別式から一週間以内に届く様に送った方が良いですが、いろいろな事情で発送が遅れても『気持ちの問題』ですので、どのタイミンングでも御香典は送った方が良いと思います。

香典を渡す相手が受け取りを辞退している場合

最近は『香典辞退』を申し出る遺族が増えています。

地域性もありますが、私個人的に『香典辞退』はお勧めしません。

例えばAさんの家で葬式が有りました。Bさんが香典を用意したらAさんが辞退しました。結局Aさんは誰からも香典を受け取りませんでした。

翌月Bさんの家で葬式が有りました。Bさんは皆さんから香典を受け取りました。だけど、Aさんからも香典が届きましたが、結局受け取れませんでした。

上記は極端かも知れませんが十分に考えられます。相手がある事ですので注意された方が良いと思います。

まとめ

最近は、新型コロナウィルスの影響もありお葬式の参列に対する考え方がかなり変わりました。

とは言っても、日本人として長年積み重ねてきた『風習』『お付き合い』などは、なかなか変えることはできません。

他人に迷惑をかけたくないと言う気持ちも大切ですが、『香典・供物・弔電を受け取る』『香典返しをする』『逆の立場になった時に同じことをお返しする』とても大事なことではないかと思います。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました