遺骨を処分しなくてはならない場合の対処法

未分類

遺骨の処分をしなくてはいけない場合

遺骨を処分しなくてはいけない場合。

1.お墓のカロートが一杯になってしまったケース。

2.お墓を継ぐ人がいなくなってしまい墓じまいをするといったケースです

特に墓じまいでは納めておくお墓が無くなってしまうので、遺骨の処分が必要です。ここでは遺骨を処分する時の注意点やケース別の処分法について説明します。

遺骨のまま捨てるのは犯罪です

『刑法』190条により、遺骨を形が残ったまま捨てる事は法律で禁止されています。持ち主にとって不要な遺骨だとしても、死体・遺骨・遺髪または棺に納めてある物を、損壊や遺棄、領得した場合、3年以下の懲役刑が科せられます。

『墓地・埋葬に関する法律』第4条によって墓地以外の区域に埋葬または焼骨の埋蔵を行なってはならないと定めており、違反者には、罰金や拘留、科料などの処罰の対象になります。

お墓に埋葬された遺骨の場合

お墓の納骨スペース(カロート)は、広さにより入れられる骨壺の数が決まります。

骨壺が入り切らなくなったら、古い遺骨を土に埋めるなどして納骨スペースを開ける必要があります。

カロートの作り方は様々です、

底が土になっている場合などは古い遺骨から順に取り出し、細かく砕いてカロートの下の土へ埋める方法が多いです。

カロートがコンクリートで囲まれている場合古いお骨を砕いて一つの骨壺にまとめている様です。

墓じまいをする遺骨の場合

寺院や霊園には合祀墓などが併設されていることが多いです。

墓じまいの際には遺骨を合祀することが出来ますその場合は、お寺の住職や、霊園の管理者に必要な手続きを確認しましょう。

現在あるお墓が自宅から遠い場合など、自宅近くの寺院や霊園の永代供養墓などへ遺骨を移動することがあります。その際は多少手続きが複雑です。

1・新しく納骨する寺院・霊園などから永代使用許可証(受入証明書)の発行を受ける。

2・現在のお墓のある市町村の役場で改葬許可申請書を受け取る。

3・改葬許可申請書に現在お墓のある寺院・霊園から署名捺印を受けると同時に埋葬許可書を発行してもらう

4・上記の書類が全て揃ったら、現在お墓のある市町村の役場で改葬許可書を受け取ります。

5・永代供養許可書・改葬許可書を遺骨と共の新しく納骨する寺院・霊園などに提出すれば手続き完了です

お墓がない場合・無縁仏の場合

お墓がない方や、お墓を持たないという方もいます。

連絡を取った事もない遠い親戚など、突然遺骨の引取依頼が来るケースがあります。この場合、合祀墓に埋葬したり散骨をするケースがあります。

散骨は遺骨を細かく粉砕して撒く埋葬方法です。

海に巻くケース・山林に散骨をするケースもあります。

一部の市町村では条例などで散骨を禁止している場合もあります。散骨を希望するなら住んでいる地域が散骨を認めているか事前に調べておきましょう。

まとめ

最近ではお墓を持たなくても、いろんな供養の方法が選択できる様になりました。

お墓や仏壇などの作法も供養として大切な事もありますが、何より故人を偲ぶ気持ちが大切です、そのうえで、自分の生活にあった弔い方を選ぶ事も大切だと考えます

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました