新型コロナウィルスで亡くなると

未分類

今世界中で猛威を奮っている新型コロナウィルスですが、多くの方がお亡くなりになっております。ここでは、新型コロナウイルスでお亡くなりになると、故人様やそのご家族はどの様な流れで葬儀をするか一部を紹介します。

新型コロナウィルスに感染して入院すると

まず、新型コロナウィルスに感染して入院された患者さんへの面会はご家族でも一切禁止です。(病院によっては入院されてる患者さん全ての面会を禁止している所もあります。)

新型コロナウィルスで入院された患者さんのご家族はたとえ患者さんが危篤でも面会する事はできません。(病院によっては全ての患者さんに同じ様な対応をしている所もあります。

また、肺炎で亡くなった場合や感染が疑わしい場合は、PCR検査の結果が出るまでは病院の保冷庫に安置され家族に会えない場合もあります。

新型コロナウイルスで亡くなると

新型コロナウイルスで亡くなると、当然家族には連絡が来ますが、面会は出来ません。病院が対応してくれる葬儀社さんを手配します。(ここで言う対応というのは、感染を広げない装備や処置ができる葬儀社の事)

葬儀社が病院に到着すると、まず病院側で葬儀社の装備を確認します。(防護服や納体袋・棺など)その後病院側で棺や納体袋を預かって遺体を収めて葬儀社に引き渡してくれます。葬儀社は棺に目貼りをして葬儀社の保冷庫に安置します。

その後、家族と相談して火葬の手続きを行います。家族は火葬にも立ち会う事は出来ません。火葬終了後に家族の元にお骨が帰ってきます。

お葬式を行うなら

家族の元にお骨が帰って来れば葬儀ができます。

葬儀社の式場で葬儀を行う・・・火葬を施行した葬儀社に依頼をして骨葬にて葬儀を行う。祭壇を飾って宗教者を呼んで葬儀を行えます。当然ですが、会葬者を呼ぶ事もできます。

菩提寺で葬儀を行う・・・事前に菩提寺に相談が必要だが、本堂で家族親族だけで葬儀を行う。(四十九日法要を兼ねて行うケースが多い。)

自宅で葬儀を行う・・・自宅に宗教者を呼んでお経を挙げてもらう。(菩提寺・お墓などがない方にはお勧めです。)

霊園で行う・・・霊園に備え付けのホールや、墓前で埋葬時にお経を挙げてもらう。(霊園でお墓を購入の方はほとんどこのパターンです)

まとめ

実は、お体が 有るうちは、出来る限りの葬儀を行う方が殆どですが、火葬をしてしまうと、それでお終いの方が増えます。

残酷なお話ですが、新型コロナウィルスで亡くなると、亡くなる時まで付いていたチューブや呼吸器などの管がが全てそのままで、裸に近い状態で納体袋に納められて火葬されます。医療従事者への感染を防ぐ為にしょうがない事です。ただ、故人様も大変な思いをされてますのでどうの様な形でも家族の心のこもったご葬儀をして頂ければ幸いです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました