家族葬について

未分類

家族葬とは

家族葬とは、簡単に説明すると、一般会葬者を呼ばないお葬式の事を言います。

近所の人・故人の会社・友人・故人の家族の関係者全てが、葬儀に呼ばない対象者となります。この様に案内すると、とても乱暴な言い方になるかも知れませんが、基本的には家族葬とはこんな形になります。

家族葬の時の安置場所

故人を安置する場所(病院などから連れて行く場所)に自宅を選択しないで葬儀社の安置所を利用した方が良いです。

『理由』・・・近所の目についてしまうから

連絡先について

1.故人の友人などには連絡をしない。特に故人の親友に対しての連絡も避けた方が良いです。

『理由』・・・これが一番難しいかも知れません。普通の友達に対しては、連絡をしないで済むのですが、[親友]はとても難しいです。例えば、親友Aに『あなたにだけ連絡します』と言う家族があります。ですが、その親友Aの周りにも友達がいて、『周りには連絡するな』と親友Aに強制しているわけです。私なら親友にも連絡はしません。

2.故人の勤め先への連絡も避けた方が良いですが現職だと難しいので、家族葬で行いたい旨を上長に相談してください。故人の家族の職場には『不幸がありました』だけで、葬儀の日程や場所の連絡は避けた方が良いが、難しい様なら家族葬で行いますと連絡してください。(最近の企業は家族葬で行いますと報告すれば問題ない様です)

『注意点』・・・家族葬だからと香典や弔電を辞退する家族がいますが、それはやめた方が良いです。葬儀が終わって会社に出勤した時に同僚から香典を頂いたら受け取って香典返しをしてください。それをしないと逆の立場になった時に、あなたからの香典を相手が受け取りにくくなりますので気をつけて下さい。

3.親戚への連絡は行った方が良いです。

『注意点』・・・家族葬だからと言って親戚に声をかけない方がいます。『家族葬』と言われていますが、家族・親族葬だと思ってください。連絡をした結果会葬に来られないなら問題無いのですが、連絡しない方がいますので注意してください。

日程について

お葬式と言えば、お通夜を行い、翌日に葬儀・告別式を行い火葬を行う流れが一般的でしたが、最近はお通夜を行わないで、葬儀・告別式だけ行って火葬をする、一日葬をご希望する家族が増えました。

一日葬を行うには・・・一日葬を行う為には、菩提寺がある場合は許可を貰わないといけません。当然、菩提寺がNOと言えば、通夜を行わないとダメです。

一日葬のメリット・・・葬儀社によっては式場の使用料が一日分で済みます。通夜料理もなくなるので費用を抑える事ができます。また、菩提寺で無ければ、住職のお布施も一日分で済む場合もあります。

一日葬のデメリット・・・納棺・葬儀・初七日・火葬を一日で行うととても慌ただし感じる。(納棺を前日に行う方が良いと思うが、多分式場の使用料が掛かる。)会葬に来る人が葬儀の時の昼間に限定されるので、会葬に来れない方が増える可能性がある。略式なので手抜きに感じてしまう場合がある。

家族葬のメリット・デメリット

ここで家族葬のメリット・デメリットを紹介します。

家族葬のメリット・・・家族・親戚だけで行う事が出来るので周りに気を使わなくて済む。トータルの葬儀費を抑える事ができる。

家族葬のデメリット・・一般会葬者が通夜葬儀に参列しない為、後日自宅に会葬に来る可能性がある。お香典の収入があまり入らない為、全ての費用が家族負担になる。

まとめ

ここ最近は、核家族化・新型コロナウィルスの拡大などの影響で家族葬が増えてきております。

緊急事態宣言中は家族葬中心でしたが、解除されてからは6割(家族葬)2割(一般葬)2割(直送)位になったかなと感じます。

費用的な所は確かにしょうがないと思います。

しかし、葬儀は故人様を送り出す大切な儀式であり、その方にしてみたら人生で一度きりの儀式でございます。どの様に送り出してあげる事が大切か考えていただけたら嬉しいです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました